ネクストビジョン


こんにちは。株式会社ネクストビジョン 社長のありまです。普段仕事をしてて思いついたことや役立ちそうなことをレポートします。
by hoehoe5963
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ネクストビジョン
広島の社長TVインタビュー

有馬 猛夫
株式会社ネクストビジョン
代表取締役社長
IT系の専門学校で11年間教壇に立った経験を生かし、1999年ネクストビジョン設立。広島発ITベンチャー企業として製品開発・サービスの提供を行う。2006年広島市企業診断優良企業賞受賞。2008年マイクロソフト社と広島市によるITベンチャー支援企業として中国地方で初の選定企業となる。
HIA-(一社)広島県情報産業協会 会長、ANIA-全国地域情報産業団体連合会 副会長、HiBiS-広島インターネットビジネスソサイエティ協議会 副会長


使い慣れた紙帳票がiPadの電子帳票に<ConMas i-Reporter>


iPhoneを多機能ハンディターミナルにする iSMART


CMSで売上アップ・次世代CMS“HeartCore(ハートコア)”


社内の情報資産管理システム“CincomECM”


内定者コミュニケーションツール
< スタートラインSNS >


株式会社ネクストビジョン


株式会社ネクストビジョン採用情報
以前の記事

先を行く

ネクストビジョン ありまです。
b0019750_959985.jpg
坂本龍馬さんの次のような逸話をご存知でしょうか。
・・・・・
『ある日、龍馬と古い友人が久しぶりに再会した。
龍馬は腰に短刀を差していたので旧友が指摘すると、
「実戦では短い刀のほうが取り回しがよい。これからは短刀の時代だよ」
と言われ、旧友は納得して帰った。
旧友はそれから短刀を差すことにした。

しばらくして再び龍馬に街で出会い短刀を見せたところ、
龍馬は懐から拳銃をみせて、
「この銃の前には刀なんて役には立たないよ。これからは拳銃の時代だよ」
と言われた。さらに納得した旧友はさっそく拳銃を買い求めた。

三度再会しその拳銃を見せたところ、
龍馬はこんどは万国公法(国際法)の洋書を出して
「これからは法律の時代だよ」といわれた。・・・』

実話かどうかは別として龍馬の性格をよく現している話です。
「これからの時代」を常に考え、人のやることの常に先を行く。
そしてそれを説得させるだけの力を持つ。
歴史に名を残せる人物とはそういうものなのかもしれませんね。

パソコンやインターネット・スマホがもはや社会の基盤ツールとなり、
ビックデータやSNS、3DプリンティングやIoTなど、さらに新しい言葉が流行しています。

「先の時代」はどんなものが必要とされるようになるのでしょうか。
坂本龍馬のような先見性を常に持っていたいものです。
[PR]
by hoehoe5963 | 2015-04-15 10:07
<< 母の日に「ありがとう」の一言を 『巨人の星』から学ぶ仕事の姿勢 >>


記事ランキング
最新の記事
ありましゃちょうのツイッター